ビュリクシール

本ページでは、育毛の新成分として注目を集めているビュリクシールついて取り上げ、その育毛効果について検証していきたいと思います。

成分の特徴、効果効能

育毛の世界で新たな成分として話題となっているビュリクシールですが、実はひとつの成分ではなく、天然の植物由来のオイルをブレンドしたオイルの名称になります。その内訳は、ノコギリヤシ、ボラージ、フラックスシード、小麦胚芽(はいが)、欧州松樹皮そしてライ麦。長年の研究の末に、これらの6種類の天然由来オイルを厳選し適宜配合して生まれたのが、ビュリクシールなのだそうです。

このビュリクシールを開発したのはイタリアに本拠を置くROELMI(ロエルミ)社。化粧品やサプリメントの分野で、機能性研究を行っている会社です。日本では「食品開発展2018」において『食べる育毛剤』として紹介され、大きな話題となりました。とりわけ食品や植物由来の原料からできている成分でありながら、医薬品であるフィナステリドに匹敵する育毛効果があることが、大きな特徴となっています。

エビデンス内容

ビュリクシールを語る上で外せないのが、上記の通り、AGA治療薬のフィナステリドに匹敵する育毛効果があり、そのエビデンスも確立されているという点です。

具体的には、男性型脱毛症であるAGAの原因とされているDHT(ジヒドロテストステロン)の生成量が、ビュリクシールの摂取によって、どう変わるかという臨床試験が6ヶ月間かけて行われました。

期間中、フィナステリド、ビュリクシールをそれぞれ服用した患者のDHT(ジヒドロテストステロン)の生成量を比較したところ、フィナステリド服用者の31.7%抑制に対し、ビュリクシール服用者も24.7%抑制という結果が出たのだそうです。食品を原料としている成分でありながら、医薬品であるフィナステリドに近い数値が出たことで、その効果が証明されました。

さらに6ヶ月の試験終了後、ビュリクシール服用者のうち、「髪の毛の密度が少し上がった」方が20.0%、「普通程度に髪の毛の密度が上がった」方が33.3%、「劇的に髪の毛の密度が上がった」方が26.7%と、およそ8割の方が、程度の差はあれ、育毛効果を得られています。

摂取量について

 

上記の通り、ビュリクシールは食品と植物由来のオイルを配合したものであり、副作用のリスクは少ないとされています。前述の臨床試験においても、そのような報告はなかったとのこと。ただし、成分として新しいため、未知数な部分も残っているとのこと。

製造元では、1日あたりの最大摂取量として600mgという数字を示していますので、その分量を守り、副作用がでないかどうかを確かめながら摂取するようにしてください。

ドクターKのコメント

ビュリクシールという素材の出現には、とても驚かされました。キチンとエビデンスが確立していて、しかも発表されたのも、毛髪分野で権威のある学会だったからです。なにより、6ヶ月の服用で、8割の方に効果が出たというのは、稀に見る結果です。

600mgという摂取量は、この臨床試験に基づいて設定されているそうですので、定期的に摂取すれば、育毛への効果は大きく期待できそうです。

参照元:[PDF]Journal of Cosmetology & Trichology

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

オススメする成分が配合
      されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る