カプサイシン

本ページでは、トウガラシの含有成分として知られるカプサイシンについて取り上げ、その育毛効果について検証していきたいと思います。

成分の特徴、効果効能

ここ数年で「カプサイシン」という成分の名称は、格段に知名度を高めていますね。トウガラシなどに含まれる辛味の元であり、発熱効果や発汗効果、血行増進などの効果があることが知られるようになってきています。

そのメカニズムは、実は脳や中枢神経への刺激によってもたらされています。カプサイシンが体内に吸収されると、血液を通じて脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせることで、発汗や体温上昇などの作用が起こり、それに呼応して血行促進効果ももたらされるとのこと。なかなかに、興味深いですね。

なお、こうしたカプサイシンの作用によって、体脂肪を燃焼させるなどと謳ったダイエット食品なども見かけるようになっていますが、専門の研究所によれば、まったく効果がないとは言い切れないものの、ヒトへの効果についてはまだ十分なエビデンスは確立していないとのこと。ご注意ください。

もうひとつ、寒さ対策などでトウガラシの粉末などを皮膚に塗るという行為がありますが、あれも間違いとのこと。刺激成分によって皮膚がヒリヒリするので体温が上がったように錯覚しているに過ぎないのだそうです。カプサイシンによって体温を上げるには、あくまでも体内への摂取が必要とのこと。

エビデンス内容

前述の通り、カプサイシンには体温上昇や血行促進の効果があり、そのことが発毛、とりわけ頭皮の血行改善にも良い影響を与えるのではないかと、期待してしまいますね。あながち間違ってはいませんが、100%の正解でもないとのこと。

カプサイシンは、豆腐や豆乳などの主成分として知られるイソフラボンと一緒に摂取することで、育毛効果を発揮するという効果が、エビデンスとして確立しているのだそうです。

イソフラボンには、髪の毛の生成に不可欠なタンパク質が豊富に含まれており、また男性型薄毛症のAGAの原因とされる、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制するという働きもあります。カプサイシンには、こうしたイソフラボンの働きを増大させる作用があるのとのこと。この相乗効果によって、育毛に効果があるというエビデンスが確立しているとのこと。キムチと豆腐の鍋などは、まさに効果的な食事と言えるのです。

ただし、付け加えておきますと、カプサイシン単体での摂取によって、育毛に効果があるというエビデンスはまだ確立されていないとのこと。この点はしっかりと踏まえておいてください。

摂取量について

辛い食べ物がお好きな方であれば、トウガラシなどを食べる機会をさらに増やそうと、お考えのことでしょう。逆に、辛いものが苦手という方は、サプリメントなどで代用しようとお思いでしょう。そんな考えに水を差すつもりはありませんが、実は育毛に関して、カプサイシンの適切な摂取量というものは、まだ明確になっていません。

前述の通り、イソフラボンとの同時摂取によって発毛効果があることは医学的に明らかになっていますが、では最適な量はどれだけなのかは、まだ研究が続いています。この点もしっかりと踏まえておいてください。いずれにせよ、食事やサプリメントで、カプサイシンとイソフラボンを積極的に摂取することは、間違いではありません。ぜひ実践してみてください。

参照元:育毛発毛つうしん

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

オススメする成分が配合
      されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る