フィッシュコラーゲン

本ページでは、美容成分として知られるフィッシュコラーゲンについて取り上げ、その育毛効果について検証していきたいと思います。

成分の特徴、効果効能

コラーゲンという成分もまた、近年では知名度が高まっています。とりわけアンチエイジング効果が注目されており、女性向けの美容成分として、化粧水や美容液などに配合されるケースも多く見られます。また、煮魚などの料理がお好きな方であれば、魚から出るプルプルとしたゼラチン状の物質と言えば、ピンと来るのではないでしょうか。

このコラーゲンの正体は、タンパク質の一種であるアミノ酸の集合体。また、人間の皮膚や髪の毛、爪などを構成するタンパク質のうち、約30%がコラーゲンでできているとされています。大きな約割としては、肌の弾力を保つ働きがあり、年齢を重ねると減少していくため、アンチエイジング対策に不可欠とされているのです。女性向けの美容向け成分として重用されるのは、そうした理由からです。

もうひとつ、コラーゲンは毛細血管の働きを左右すると言われており、不足してしまうと、血流が悪化し、血液中の栄養分が組織の隅々まで行き届かなくなるとされています。そうした面からも、アンチエイジングには欠かせない成分とされています。

なお、フィッシュコラーゲンというのは、文字通り、魚類から抽出したコラーゲンという意味です。フカヒレを筆頭に、鮭、うなぎ、さんまなどに多く含まれています。また肉類では牛すじ、レバー、鶏軟骨などが代表格となっています。

エビデンス内容

以上の通り、アンチエイジング効果が注目されているコラーゲンですが、発毛や育毛効果についてはどうなのでしょうか?前述しました通り、コラーゲンには皮膚の張りや毛細血管の血流を保つという働きがあります。そのため、頭皮の環境改善や、毛根へ必要な栄養を届けるという観点からは、育毛によい影響が期待できそうです。

しかしながら、明確なエビデンスというものは、まだ確立されていないようです。今後の研究で、発毛に効果があることが判明されるよう期待したいですね。

摂取量について

率直に言ってしまいますと、日本の厚生労働省では、コラーゲンの摂取目安量というものは規定していません。海外の研究では、1日あたり5,000mgから10,000mgが必要とされているのに対し、日本人の平均摂取量は1,900mgにとどまっているとのこと。食事はもちろん、サプリメントなどで、もっと積極的に摂取してよいと言えそうです。

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

成田先生がオススメする成分が配合
されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る