イチョウ葉エキス

イチョウの葉を乾燥させ、アルコールを使って成分を抽出したのがイチョウ葉エキスです。どのような育毛効果が期待できるのか、成分の特徴やエビデンスについて調査しました。

成分の特徴、効果効能

イチョウ葉エキスはヨーロッパでは、血流を改善する薬として認められている成分です。フラボノイドと呼ばれるポリフェノールの1種が含まれており、血管の改善作用があるとされてます。脳のエネルギーとして必要なブドウ糖の濃度を高める作用もあるため、脳の活性化も期待できるでしょう。

また、ポリフェノールは活性酸素を抑制してくれる働きも持っているのがポイントです。活性酸素は神経や組織にダメージを与え、体の老化を促進させてしまいます。ポリフェノールを摂取することで、細胞を活性酸素から保護できると考えられているようです。

エビデンス内容

さまざまな作用があるイチョウ葉エキスですが、育毛効果についてのエビデンスは確立されていません。イチョウ葉エキスに育毛効果が期待されるのは、血流を改善する作用が関係しています。

血管拡張や血液凝固防止作用により、血流の改善を促進。結果として髪の毛へ必要な栄養が届きやすくなり、髪の毛が育ちやすくなると考えられています。また、活性酸素を抑制する働きによって、髪の毛をダメージから守ってくれるそうです。

イチョウ葉エキスは、髪の毛について効果が期待できることから、育毛剤やヘアケア製品に配合されています。明確な根拠は発表されていませんが、今後の研究結果に期待が持てる成分です。

摂取量について

イチョウ葉には「ギンコール酸」と呼ばれる成分が含まれており、摂取しすぎるとアレルギーを引き起こす可能性があります。ドイツでは医薬品用イチョウ葉エキスに含まれるギンコール酸の濃度は、アレルギーが起こりにくい0.0005%以下でなければいけないと定められているそうです。2002年には、国民生活センターからイチョウ葉食品の安全性についての情報が発表されました。その発表の中で、市販のイチョウ葉エキスの中にはギンコール酸濃度が高いものがあったと記載されています。

イチョウ葉エキスを摂取する際は、ギンコール酸の濃度を確認するようにしましょう。もし摂取後、体に異常を感じた場合は使用を止めて医師に相談してください。

参照元:イチョウ葉エキスの有効性および安全性

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

成田先生がオススメする成分が配合
されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る