菊芋

本ページでは、健康食品として注目が高まっている菊芋について取り上げ、その育毛効果について検証していきたいと思います。

成分の特徴、効果効能

菊芋は名称に芋とついていますが、実際にはキク科の植物であり、どちらかといえば、生姜などに近い仲間になります。そして近年では、その主成分であるイヌリンという物質が、健康によい成分として注目されており、サプリメントや健康食品として製品化されています。

より詳しくご説明しますと、このイヌリンは水溶性食物繊維の一種であり、体内に入るとゲル状のネバネバした物質に変化して、食事などで摂った炭水化物や糖分が腸から血液に吸収されるのを防いでくれるという性質があります。このことから、糖尿病や高血糖値の改善、予防に効果を発揮してくれるとして、話題となっているのです。

また、上記の通り、体内に入るとゲル状のネバネバ物質へと変化する性質があるため、満腹感が得られやすくなり、より少量の食事で満足できるようになるというダイエット効果もあるとのこと。炭水化物の制限や、糖質カットが強くアピールされている現代には、まさにうってつけの成分といえそうです。

加えて、イヌリンは腸内に入ると、フラクトオリゴ糖という物質に変化し、善玉菌のエサとなってくれ、それによって善玉菌の数が増え、働きも活性化される報告もされているとのこと。まさに健康によい成分として注目されているのですね。では、肝心の育毛効果に関してはどうなのでしょうか?

エビデンス内容

結論から先に申しますと、菊芋が育毛に効果を発揮するというエビデンスは、まだ確立されていないのが現状です。

ただし、育毛に関する効果がまったく期待できない訳ではなく、そうした効果があるのではないかという研究が進められており、その解明が待たれています。

例えば、頭皮細胞を含む人間の細胞の成長を促す働きのある体内物質に「IGF-1(インスリン様成長因子-1)」があります。菊芋の主成分であるイヌリンは、このIGF-1を増加させる働きがあり、それが毛母細胞の活性化に繋がるのではないか、という研究がされています。

また、女性の薄毛に関しても、菊芋の摂取により、若返りホルモンとされるDHEAなどの分泌を促し、抜け毛や薄毛が改善されるという研究も進んでいるとのこと。

以上の通り、まだ研究段階ではありますが、菊芋の育毛効果は、ある程度は期待がもてるでしょう。

摂取量について

菊芋およびその主成分であるイヌリンもまた、適切な摂取量が決められています。過剰に摂取したからといって、その分効果が高まるというものではありません。加えて、多量摂取によって下痢が起こりやすくなる腸内にガスがたまりやすくなる、アレルギー症状が起こる可能性があることに注意が必要です。

個人差もありますが、最悪の場合、アナフィラキシーというショック症状が起こり、血圧の低下や意識障害、さらには死亡のリスクまであるとされています。サプリメント製品などでは、1日あたりの摂取量が明示されているはずですので、必ず守るようにしてください。

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

オススメする成分が配合
      されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る