イソフラボン

本ページでは豆腐や豆乳の主有成分として知られるイソフラボンについて取り上げ、その育毛効果について検証していきたいと思います。

成分の特徴、効果効能

イソフラボンという成分も、ここ数年で見聞きする機会の増えているものと言ってよいでしょう。大豆を筆頭に、その加工食品である、豆腐や豆乳、味噌などにも豊富に含まれています。また、ピーナッツやヒヨコマメなどにも、大豆由来とは別の種類のイソフラボンが含まれていることでも知られています。より専門的には、ワインやコーヒーなどの成分として知られるポリフェノールの一種で、カテキンやアントシアニンなどと同じく、フラボノイドに分類されます。

成分としては、タンパク質が豊富に含まれていることが大きな特徴となっています。ご存知の通り、人間の様々な部位はタンパク質で構成されており、髪の毛も然り。実は髪の毛の約90%は、タンパク質で構成されているのです。

また、もうひとつ大きな注目点は、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持っており、ホルモンバランスを整える働きがあるとされています。そのため、乳がんや前立腺がんなどのホルモンが大きく影響する疾患の予防や症状改善などに効果があるとされ、大豆製品をよく食べる日本人は、これらの発症率が低いと、世界的にも関心が持たれているのだそうです。

エビデンス内容

以上のように、健康へのよい影響をもたらす効果がある効果が期待できます。では、薄毛予防や育毛に関してはどうなのでしょうか?

ひとつは、イソフラボンの摂取によって、男性型薄毛症のAGAの元凶とされているDHT(ジヒドロテストステロン)の濃度が下がったというデータがあるとのこと。ただし、この実験はAGAの治療を目的としたものではなく、DHTが発症に関わるとされている前立腺がんの予防・治療を目的としたものとのこと。AGAの改善にどれくらい効果を発揮するかは、未知数なのだそうです。

一方、明確なエビデンスとしては、「カプサイシン」のページでもご紹介しています通り、カプサイシンとイソフラボンと一緒に摂取することで、育毛効果を発揮するという効果が報告されています。イソフラボンは元々豊富にタンパク質を含んでおり、また上記の通りジヒドロテストステロン(DHT)の影響を抑える働きが、カプサイシンによって高められることで、効果が生まれているのだそうです。

摂取量について

以上の通り、イソフラボンには薄毛予防や育毛の効果が期待できますが、過剰に摂取するのは厳禁。内閣府の食品安全行政を担う食品安全委員会によれば、イソフラボンの1日摂取目安量の上限を70~75mgとしています。取りすぎると、筋力の低下や性機能の低下、精子の数の減少などの可能性があるとのこと。

参考までに1日の上限である70~75mg分の目安としては、以下のようになります。参考にしてみてください。

  • 豆腐1丁(300g)…80mg
  • 納豆2パック(1パック45g)…71mg
  • 豆乳2パック(1パック200g)…82mg
  • きなこ大さじ8杯(1杯6g)…77mg

参照元:イソフラボンのチカラ|フジッコ株式会社

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

オススメする成分が配合
      されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る