発毛剤を使う

有効成分を知っておくべき、発毛剤のメリットとは

このページでは、医薬品として認可された有効成分を配合する発毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果などを紹介します。

発毛剤を愛用するメリット・デメリット

発毛剤は医薬品でもありメリットもありますが副作用などデメリットもあります。それぞれを簡潔にまとめてみましょう。

発毛剤を愛用することのメリット

  • 発毛剤は医薬品で毛髪を生やすための有効成分が含まれている。
  • 自分の髪が生えてくることでナチュラルな毛髪状態を取り戻せる。
  • 育毛剤よりも効果を実感できる可能性が高い。

発毛剤を愛用することのデメリット

  • 医師や薬剤師への相談が必要なので手軽には入手できない。
  • 有効成分の効果は高いが副作用のリスクがある。

発毛剤の種類

発毛剤は医薬品で、日本で認可されている発毛剤の有効成分を3種類紹介しておきます。

発毛剤の有効成分、フィナステリドとは

男性型脱毛症の治療薬として知られるプロペシアの有効成分がフィナステリド。男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼを抑制することで、薄毛治療となる成分です。

発毛剤の有効成分、デュタステリドとは

デュタステリドも5αリダクターゼを抑制する成分で、アメリカの皮膚科学会による専門誌ではフィナステリドの約3倍効果があるともいわれています。代表的な製品名はザガーロです。

発毛剤の有効成分、ミノキシジルとは

上の2つが内服薬なのに対してミノキシジルは塗布薬大正製薬のリアップなどで知られる、歴史のある有効成分です。

発毛剤の使用方法

男性型脱毛症の治療薬であるため、フィナステリドやデュタステリドは医師の診断を受けた上で、用法用量を守って服用することになります。いうまでもなく、女性には処方されませんし、家族がいる人の場合、パートナーやお子さんが間違って服用しないよう、きちんと管理する必要があります。

塗布薬に含まれるミノキシジルは、頭皮に浸透させることが重要なので、毛髪に塗るのではなく、頭皮をマッサージするようにして毛根部分に浸み込ませるようにしましょう。

発毛剤に期待できる効果

発毛剤によって薄毛対策の効果が期待できる主なポイントをまとめてみましょう。

  • フィナステリドやデュタステリドは男性型脱毛症の原因を抑制する。
  • ミノキシジルは血流改善効果が発毛促進にも好影響を与える。
  • 専門クリニックでは服用薬と塗布薬の併用で改善効果を促進。

なお、育毛剤よりは高い効果が期待できる発毛剤ですが、フィナステリドやデュタステリドは男性ホルモンに影響する成分なので精力減退などのリスクが、ミノキシジルは頭皮の肌荒れなどに注意が必要です。

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

成田先生がオススメする成分が配合
されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る