育毛剤を使う

最低3ヶ月は継続使用したい、育毛剤のメリットとは

このページでは、男性型脱毛症対策の成分が含まれる育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果などを紹介します。

育毛剤を愛用するメリット・デメリット

育毛剤にはメリットもありますがデメリットもないわけではありません。それぞれを簡潔にまとめてみましょう。

育毛剤を愛用することのメリット

  • 男性型脱毛症に対して効果がある有効成分が含まれている。
  • 頭皮の肌荒れやかゆみなどの改善や血行促進などが期待できる。
  • 自分の毛髪を育てるために役立つ。

育毛剤を愛用することのデメリット

  • 個人の頭皮環境などによって効果の有無には差がある。
  • 効果があるケースでも最低3ヶ月は継続使用するのが前提。
  • 中長期の継続使用になるのでコストがかかる。

育毛剤の種類

育毛剤には体内から働きかける種類と頭皮の表面から働きかける種類とがあります。

体内から働きかける育毛剤とは

育毛効果が期待できる成分があり、それを継続摂取することで体内から働きかけるのが飲むタイプの育毛剤。アミノ酸やミネラル、ビタミンなどのサプリメントもあれば、フィナステリドといった成分を配合した内服薬もあります。

頭皮の表面から働きかける育毛剤とは

頭皮に直接塗るタイプの育毛剤は、主に抗菌・抗炎症作用や血行促進などによって頭皮環境の改善を目指すもの。特に、前頭部や頭頂部など薄毛が気になる部分に直接塗布することができます。

育毛剤の使用方法

上で飲む育毛剤と塗る育毛剤を紹介しましたが、使用方法はどちらかひとつを選ぶということでもありません。併用するケースもありますし、使用に際しては1日の目安や処方箋に準じることが重要です。

男性型脱毛症は内服薬が効果的ともいわれていますが、服用するにあたっては専門医に相談する必要があります。

また、塗る育毛剤は配合成分によっては肌質に合う合わないというケースも考えられます。肌荒れしている人や敏感肌の人は、特に刺激性のある成分には注意して、できるだけ無添加・無香料の製品を選びたいものです。

育毛剤に期待できる効果

育毛剤によって薄毛対策の効果が期待できる主なポイントをまとめてみましょう。

  • 男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼを抑える。
  • 育毛の妨げとなっている頭皮の血行不良を改善する働きがある。
  • 過剰分泌する皮脂や、乾燥しがちな頭皮を健康な状態に保つ。
  • 毛母細胞に働きかけて毛髪の成長を促す。

なお、薄毛の状態や頭皮環境は個人差があるため、それに応じた効果が期待できる育毛剤を利用することがポイント。育毛に必要な栄養を摂取しつつ、頭皮環境を整えるのは基本となります。

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

オススメする成分が配合
      されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る