遺伝

本ページでは、薄毛の要因として遺伝について取り上げ、薄毛は遺伝するものなのか、遺伝したら将来は必ず薄毛になるのかなどについてご紹介していきたいと思います。

薄毛と遺伝には関係あり、ただし…

「お父様やお爺様が薄毛だったから自分も…」という心配をお持ちの方は、多いことでしょう。率直に申し上げますと男性の薄毛、とりわけホルモンのページでもご紹介したAGA(男性ホルモン型脱毛症)は、遺伝する確率が25%程度――4人に1人の割合で遺伝するというデータがあります。

しかしながら、遺伝したとしても、その方が必ず薄毛になるとは言い切れません。さらには、薄毛になる原因は様々で、遺伝が原因ではないという薄毛もありえるのです。つまり、薄毛遺伝子を受け継いでいるか否かは、後述するように検査を受けてみなければ分からず、薄毛が発症するかしないかも、個人個人で異なるということになります。

遺伝のしくみと、検査方法は?

簡単に言いますと、男性はXY、女性はXXという染色体を持っています。そして男性の場合、X染色体は母親から、Y染色体は父親から受け継ぎます。そして男性の薄毛の遺伝で大きなポイントとなるのが、母親からのX染色体。母方の祖父が薄毛である場合、母親を通じてこの遺伝子を受け継いでいる可能性があります。父親と父方の祖父が薄毛でなかったとしても、安心はできないということです。

それをはっきりさせるには、AGA治療専門のクリニックや病院などで行っている検査を受けること。実施しているクリニックはインターネットで検索できます。また近隣にそうした場所がない場合には、検査キットを利用することもできます。ご自分で口の中の粘膜を採取して専門機関に送付することで結果を知ることができます。

こうした検査を行うことで、ご自身が薄毛の遺伝子を持っているか否かがはっきりとします。漠然とした不安やモヤモヤが軽減されるとともに、薄毛対策の方向性もはっきりすることでしょう。

薄毛の原因は実に様々

重要なことですので繰り返しておきますと、薄毛は必ず遺伝するものではなく、また薄毛遺伝子を持っているからといって必ず発症するというものではありません。また薄毛の要因は遺伝だけではなく、本サイトでご紹介しているホルモンやストレスなどが原因の場合もあれば、これらが複合的に影響することもありえます。この点は、しっかりと踏まえておいてください。

参照元:AGAタイムス

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

成田先生がオススメする成分が配合
されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る