ホルモン

本ページでは、薄毛の原因のひとつとして考えられている、男性ホルモンについて取り上げ、そのメカニズムや影響などをご紹介していきたいと思います。

男性ホルモンが原因とされる「AGA」

薄毛を気になされている方の多くは、「AGA」という言葉を聞いたことがおありかと思います。英語の“Androgenetic Alopecia”に由来し、日本語では「男性ホルモン型脱毛症」と訳されています。その日本語訳が示す通り、男性ホルモンが薄毛に大きな影響を与えていると考えられています。

ある調査によればAGAの人は日本全国で約1,260万人という数字が出ています。またこのうち、AGAで悩んだり気にかけている人は約800万人。実際に何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。また別の調査では、軽度の人も含め成人男性の30%に症状が出ているというデータもあります。いずれにせよ、決して少なくない数の成人男性がAGAの悩みを抱えているのです。

男性ホルモンが薄毛をもたらすメカニズムとは?

上記の通り男性ホルモンは薄毛の原因と考えられていますが、薄毛をもたらしているのは、実は男性ホルモンそのものではありません。男性ホルモンのバランスが変化することで発生するDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が、薄毛をもたらしていると考えられています。

そもそも、人間の髪の毛というものには寿命があり、一定の期間ごとに伸びて抜けてまた新しく生えてということを繰り返しています。これをヘアサイクルと呼びます。ヘアサイクルが通常よりも短くなると、髪が満足に成長できずに薄毛になってしまいます。髪の毛が十分に育ち切らない時に抜けてしまい、短くて細い髪の毛が増えます。その結果、薄毛が目立ってくるのです。

その大きな原因のひとつとして考えられているのが、前述したDHT(ジヒドロテストステロン)という物質です。AGAの症状が確認されている頭皮はDHTの濃度が高めの傾向で、ヘアサイクルを短くしてしまう原因といわれています。より具体的には、DHTは毛母細胞の活動を低下させる働きがあり、髪の毛が成長する前に抜けてしまう症状をもたらすとされています。

DHTを抑制するには?

本サイトでご紹介している、エビデンスのしっかりとしたサプリメントを服用するのに加え、適度な運動がよいとされています。DHTは、血中のインスリン濃度が上がることによって、ホルモンバランスが変化して作られています。インスリンレベルを下げDHTの発生を下げるには、ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングなどの有酸素運動や、水泳、ヨガなどの全身運動を週に3回位行うのが理想的とされています。

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

成田先生がオススメする成分が配合
されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る