育毛剤の種類

種類によって異なる育毛剤などの特徴と副作用

このページでは、薄毛に悩む人たちが検討する育毛剤やサプリ、ヘアケア製品について、種類別の特徴や副作用について説明します。

サプリメント系

サプリメント系に分類される育毛アイテムの特徴と副作用は以下の通りです。

サプリメント系の特徴

サプリメントあるいは健康食品と呼ばれるものは特に法的な定めがあるわけではありません。ただし、健康食品という大きな括りの中には、機能性表示食品・栄養機能食品・特定保健用食品も含まれていて、これらは届出や認証・許可が必要となります。それぞれ基準はありますが、それを満たした商品であれば、栄養成分や機能について表示して販売することができるわけです。

中でも特定保健用食品=トクホは関与成分の働きをアピールできるのは、国の審査をクリアして、安全で有効性があるというエビデンスがあるから。近年、メタボ対策のトクホが多数リリースされていますが、これらは他の健康食品と違って、有効性が認められているのです。

育毛サプリの場合、栄養機能食品もありますが、これらも含めて食品の一種であると考えるべき。育毛サプリの成分としてはノコギリヤシ亜鉛イソフラボンコラーゲンなどを配合しているものが多く、他にも必須アミノ酸ビタミン群などもチェックしたい成分です。

サプリメント系の副作用

サプリメントはあくまで食品。有用な栄養成分は含まれていますが、薬ではないので、基本的に副作用の心配はありません。また、現在のマーケットニーズもあって、育毛サプリに限らず天然由来の成分を採用しているケースがほとんど。体質的に合う合わないの個人差はあっても、リスクを気にする必要なないでしょう。

なお、サプリメントでも生産工程は医薬品レベルの工場を使っている商品があります。品質管理という意味では、こうした商品ならより安全安心ともいえます。

育毛サプリの商品特徴を見る

医薬品と医薬部外品

医薬品及び医薬部外品に分類される育毛アイテムの特徴と副作用は以下の通りです。

医薬品と医薬部外品の特徴

医薬品にも医療用医薬品と一般用医薬品とがある

医薬品とは病気の治療や予防としたもの。入手するには医師の処方や薬剤師との相談が必要となります。

ただし、医薬品の中にも医療用医薬品一般用医薬品とがあり、前者は医療機関での処方が必須で、後者は処方箋がなくてもドラッグストアなどで購入することができます。AGA治療薬などは医療用医薬品となりますし、医薬品として市販されている育毛剤は一般用医薬品となるわけです。

医薬部外品は有効成分配合でも効果が認められてはいない

医薬部外品はちょっとわかりにくい部分があって、有効成分自体の効果は厚生労働省に認められたものを一定量以上配合してはいるものの、発毛の効果が認められているわけではないこと。

医薬部外品の育毛剤は脱毛対策や毛生促進の効果はありますが、髪がない状態からの改善を目指すのは難しいでしょう。そうした背景もあって、発毛剤は医薬品に分類されるのが一般的です。

医薬品と医薬部外品の副作用

医薬品は副作用があります。AGA治療薬は男性ホルモンに影響することから、性欲減退や勃起不全などのリスクがあります。女性には処方されない薬もありますし、肝機能に影響が出る場合もあります。

医薬部外品は有効成分が配合されているといっても、医薬品よりは配合量が少ないので、副作用がないとされています。その分、有効成分の働きも緩やかになるのはトレードオフの関係。

ただし、個人差はあるので、異常を感じたら使用を中断する必要があります。

医薬品育毛剤の効果や種類を見る

ヘアケア

ヘアケア製品に分類される育毛アイテムの特徴と副作用は以下の通りです。

ヘアケア製品の特徴

育毛関連のヘアケア製品といえばシャンプーやコンディショナー、ヘアトニックなどを意味します。

この中で「薬用」と明示している製品は、上で紹介した医薬部外品に分類されます。これは有効成分が含まれているもので、育毛向けの薬用シャンプーなら、脱毛予防や育毛が期待できるわけです。

一方、スカルプシャンプーとは直訳すると頭皮シャンプーのこと。文字通り頭皮を洗うことを目的として開発された製品です。これらはすべてが薬用というわけではありません。製品名だけでなく製品説明などをきちんとチェックするといいでしょう。

ちょっとわかりにくいのがヘアトニック。頭皮に塗るという使い方から、育毛剤と育毛トニックは近しい製品というイメージがあるかもしれません。しかし、育毛トニックは薬用の医薬部外品はあっても、医薬品の育毛剤とは別カテゴリーとなります。また、薬用ではない育毛トニックはあくまで化粧品に分類されます。

ヘアケア製品の副作用

ヘアケア製品は個人差によって肌荒れやかゆみなどの症状が出ることはあっても、副作用の心配はありません。どちらかといえば、直接的に育毛をサポートするというより、頭皮環境を整える方法のひとつとして愛用するのが正解。

育毛目的でのヘアケア製品選びでは、個人差とは別に添加物をチェックしたいところ。着色料や保存料、香料などは注意が必要です。メントールやエタノールなどもスッキリする使用感はあっても、薄毛に悩んでいるようなケースだと、刺激性の強い成分はできるだけ避ける方が無難でしょう。

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

オススメする成分が配合
      されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る