育毛剤(医薬品)

医薬品としての育毛剤とは、どんなものなのか….

本カテゴリーでは、育毛剤の中で、医薬品として分類されているものにスポットを当て、特徴や注意点などをご紹介。併せて、主な医薬品の製品ごとの詳細もとりまとめています。

医薬品に分類される育毛剤とは?

簡単に言えば、医薬品とは、医学的な研究や根拠、臨床試験結果などに基づき、効果が認められているもの、ということになります。医学学会や製薬会社などで研究・製造され、厚生労働省に認可されているのが基本。ただし、近年では、海外製で、厚生労働省に認可されていないものでも、個人輸入代行サイトなどを通じて入手できてしまいます。

医薬品に分類される育毛剤は、効果が大きく期待できる反面、副作用のリスクもあります。とりわけ男性型薄毛症のであるAGA治療薬として用いられるフィナステリドという成分は、勃起不全や精力の減退、精巣痛や精子の減少、発疹や蕁麻疹などを起こす可能性があるとされています。闇雲にただ飲めばよいというものではなく、医師による診断や助言に基づいて服用することが望ましいと言えます。

では、そんな医薬品に分類される育毛剤の製品で、主なものを取り上げてご紹介していきましょう。

プロペシア

男性型薄毛症のAGAの治療薬として知名度の高い飲み薬になります。日本では2005年10月11日に厚生労働省から認可されており、MSD株式会社(旧・万有製薬)が販売元となっています。元々は前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として開発されたのですが、患者に投与したところ、発毛効果が見られため、薄毛症の治療薬となったというエピソードがあります。AGA治療の代表的な薬として用いられますが、副作用に注意が必要です。

プロペシアの特徴や効果
について見る

フィナロ

インドのアフマダーバードに本拠地を持つインタス社(Intas Pharmaceuticals Limited)が手がける、プロペシアのコピー薬になります。インドでは特許保有会社にいくばくかの費用を支払えば、コピー薬を製造販売できるため、その方式で製造されています。主成分もプロペシアと同じフィナステリドであり、効果面も副作用の面も、プロペシアと同等、それでいて価格面ではプロペシアより安価というのが謳い文句となっています。ただし、日本では厚生労働省に認可されておらず、個人輸入代行業者などを通じて買うしかありません。

フィナロの特徴や効果
について見る

フィンペシア

上記のフィナロと同様、フィンペシアもAGA治療薬の先駆者として知られるプロペシアのインド製コピー薬になります。このフィンペシアとフィナロの違いは製造会社の違いで、フィナロはアフマダーバードのインタス社、一方フィンペシアはムンバイに本社を置くシプラ社(Cipla Limited)が製造販売しています。一時期、発がん性物質とされるキノリンイエローが使用されているとして評判を落としましたが、現在は改善されたとのこと。ただし、フィンペシアも日本では厚生労働省に認可されておらず、個人輸入代行業者などを通じて買うしかありません。

フィンペシアの特徴や効果
について見る

ザガーロ

グラクソ・スミスクライン社が販売している5aリクターゼ阻害薬です。2015年の9月に認可を受けました。プロペシアに続く第2のAGA治療薬として期待されています。もとは、前立腺肥大薬として開発された薬。増毛の副作用がみられたことからAGA治療薬にと開発されました。医師の処方が無いと購入できないため、入手するにはクリニックへ行く必要があります。価格相場10,000円ほど。初回価格として半額程度で提供しているクリニックもあります。

ザガーロの特徴や効果
について見る

ミノキシジル

血管拡張作用により、高血圧の薬として使われていた成分です。日本国内では、外用薬に限りAGA治療への利用が認められています。一般医薬品(第一類医薬品)に配合され、薬剤師からの説明が必要ですが、薬局やドラッグストアなどでも購入できる手軽さがあり、薄毛に悩む人がまず手にする商品としても知られています。このページでは、ミノキシジル配合の外用薬を使用した人の口コミや成分の特徴、副作用についてなどをまとめました。

ミノキシジルの特徴や効果
について見る

塩化カルプロニウム

外用薬に配合されている血管拡張作用を持つ成分です。局所的に作用し、薄毛や脱毛の治療に使われています。第一三共ヘルスケアより、第2類、第3類医薬品としてカロヤンシリーズも販売されているので、身近に感じる方もいるでしょう。医薬品となっているアロビックス外用液やフロジン外用液は、医師の処方箋が無くても一部の調剤薬局で購入可能。他の薄毛対策用の薬と比べると、比較的手に入れやすいのが特徴です。

塩化カルプロニウムの特徴や効果
について見る

注意したい育毛剤の副作用について

各育毛剤の副作用についてまとめました。副作用は必ずしも現れるものではありませんが、リスクとして知っておくのが望ましい情報です。

ミノキシジル配合の育毛剤

外用薬に配合されることの多いミノキシジル。頭皮に塗布して使うため、赤みや腫れなどが起こる可能性があります。人によっては蕁麻疹や皮膚炎、脱毛といった症状が出てしまうこともあるようです。内服薬の場合は、発熱や吐き気、頭痛、嘔吐と言った症状が副作用として現れることがあります。ただ、ミノキシジルの内服薬は日本国内で承認されていません。海外製品を使用しての副作用は、国の保証が受けられないため使用を控えるのをおすすめます。

フィナステリド配合の育毛剤

フィナステリドは、プロペシアやフィンペシアなどの内服薬に含まれる成分です。副作用の発現率はおおよそ0.5%。性欲の減退や性機能の低下などが知られていますが、人によっては肝機能障害を発症する恐れがあります。全身がだるい、食欲が無い、吐き気や黄疸といった症状が出た場合は、肝機能がダメージを受けているかもしれません。ミノキシジル2.5mgとフィナステリド1mg(どちらも内服)を併用した40代の男性に、肝機能障害が起きてしまった事例があります。

デュタステリド配合の育毛剤

ザガーロに配合されている、5aリクターゼ阻害作用のある成分です。フィナステリド同様に、性欲や性機能の低下が副作用として報告されています。肝機能障害も同様です。デュタステリドを含む前立腺肥大の治療薬を服用していた男性が、乳がんを発症した事例が報告されています。海外臨床試験4325例のうちの3例で、因果関係は不明ですが注意しておきたい事象です。

塩化カルプロニウム配合の育毛剤

塩化カルプロニウムの主な副作用は局所発汗やかゆみです。血管を拡張させる働きが強く出過ぎた場合に副作用が現れやすいため、お風呂上がりで血行が良くなっているときに使用するのは控えましょう。こうした一過性の過敏症の他に、アセチルコリン様作用といわれる副作用もあります。一過性の副作用と同様の発汗に加え、刺激痛や熱感、全身発汗などが報告されています。全身発汗が起こると、それに伴って寒気や震え、嘔吐といった症状が現れることもあるようです。

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

成田先生がオススメする成分が配合
されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る