育毛と睡眠の関係性について

このページでは、育毛と睡眠にどのような関係があるのか、睡眠が育毛にもたらす効果などを詳しく紹介します。

睡眠の種類について

睡眠には体は眠っているものの脳が覚醒状態である「レム睡眠」と、体と脳の一部がそれぞれ眠っている「ノンレム睡眠」の2種類があります。レム睡眠が浅い眠りであるのに対し、ノンレム睡眠は深い眠りとされています。

大人の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が約90分の周期で交互に繰り返されており、入眠してから最初の3時間は深い睡眠を構成していると考えられています。また眠ってから最初の3時間は特に深いノンレム睡眠に入ると言われており、睡眠における重要な要素として考えられています。

90分でレム睡眠とノンレム睡眠が交代することから、入眠後4.5時間・6時間・7.5時間を目安に起床すると、切り替わるタイミングですっきりと目覚められると言われています。

睡眠不足による悪影響とは?

成長ホルモンの分泌量低下

睡眠は、体の修復や急速をうながす成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンが十分に分泌されていれば、体の疲れがとれやすく肌にもハリや潤いがもたらされます。

しかし睡眠不足が続くと、疲れがとれにくくなり翌日も疲れを引きずってしまいます。免疫力の低下や体重増加などにも関わるとされており、十分に眠ることは病気予防や健康促進に繋がります。

睡眠不足によるストレスと血行不良

睡眠不足が続くと身体的・精神的にストレスがかかります。ストレスの蓄積は自律神経のバランスを乱すだけではなく、暴飲暴食や血行不良を招く恐れも。

特に血行不良は頭皮環境にも影響を及ぼします。髪の成長に必要不可欠な栄養素が血液にのって運ばれにくくなるため、細く痩せた毛が生えてきてしまいます。ヘアサイクルにも影響を与えるおそれがあるため、育毛ケアには十分な睡眠が欠かせません。

最も成長ホルモンが分泌される時間帯は?

成長ホルモンが分泌される時間帯は、入眠直後の3時間。ノンレム睡眠に入っている時間帯とされています。ただし入眠時間に特別な決まりはありません。

睡眠時間が極端に短かったり、熟睡しにくい環境で浅い睡眠が続いたりすると、成長ホルモンの分泌量が減るため体にさまざまな悪影響が出る恐れがあります。

睡眠不足で薄毛のリスクが高まる理由

睡眠不足は血行不良に繋がる恐れがありますが、血液の供給量が減って髪に栄養が届きにくくなると、抜け毛や薄毛といったトラブルが起きやすくなります。

3時間の熟睡を含め、毎日の睡眠は体を健康にしてくれる大切な時間です。ぜひ育毛ケアにも睡眠を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ノコギリヤシ

ビュリクシール

ヒハツエキス

成田先生がオススメする成分が配合
されている育毛対策サプリ5

おすすめの関連記事

ビュリクシールの育毛効果イメージ  

注目の新素材
ビュリクシール
その育毛効果は?

新素材として注目を集めているビュリクシールの育毛効果とエビデンス

薄毛対策方法            

今から出来る
薄毛対策方法|育毛剤

育毛剤について、メリット・デメリットや期待できる効果を紹介

薄毛の遺伝            

薄毛は本当に
遺伝するものなのか?

遺伝する確率はどのくらいなのか。遺伝のしくみと、検査方法を紹介

育毛対策サプリの特徴            

育毛対策サプリの特徴は?
商品一覧            

各商品の特徴を紹介しています。理解して正しく理解して育毛対策を行いましょう。

トップへ戻る